うつ治療薬『アソピゾル』効果内容副作用紹介

arpizol30-300x225

アリピゾルは、「アリピプラゾール」という有効成分が入ったサンファーマという会社が製造した薬です。

アリピゾルは、脳内の神経伝達物質であるドパミンの量を調節することで、気分の高まりを抑えたり、気分の停滞を改善したり、精神状態を改善してくれます。

アリピプラゾールは統合失調症の陽性症状(幻覚・妄想・興奮)と陰性症状(意欲低下・無感情・自閉)の両方に効果があるので、新タイプの非定型抗精神病薬(第3世代抗精神病薬)と呼ばれています。

副作用

副作用としては、吐き気、顔や首のしびれ、モヤモヤ感、不眠などがあります。

服用方法

通常1日6~24mgを1回~2回に分けて服用してください。

併用禁忌薬がありますので用法、容量を守ってご使用下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ