うつ病治療薬『デパス』効果内容副作用紹介

dep_c_0000002695

デパスは1984年に田辺三菱製薬が販売をした抗不安薬です。

デパスは不安緊張の緩和、睡眠の改善、さまざまな体の異常の緩和に効果を発揮して、時に万能薬として揶揄される事もある薬です。

デパスを使用する目的としてもっとも多いのは、自律神経失調症、不安精神症、更年期障害やパニック障害などの、精神的な不安や落ち込みを改善するという目的です。

デパスは穏やかな効き目である一方で、即効性に優れているため、大切な場面の前や、すぐに緊張を緩和したいという場合に用いられることもあります。

デパスの一日の使用量は決められています。

使用方法・注意点

用法や用量は症状や使用目的にもよって異なりますし、効き目に個人差が見られるので、医師と相談の上使用してください。

デパスは睡眠を改善したり、筋弛緩目的でしようする薬のため、使用中の副作用としては、眠気やふらつき、集中力の低下などの症状が見られます。

また、他の薬と同時に服用すると、重大な障害を起こす危険性がありますので、デパスを使用する際は医師の指示に従いましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ