うつ病の治療と薬について

うつ病の薬について

うつ

近年増え続けている『うつ病』。
(主に”やる気が出ない””落ち込んだ気分が続く”」などの症状)

そんなうつ病に用いられる薬を”抗うつ薬”といい、激しいうつの症状を和らげる薬です。

適切な使い方をすれば、ほとんどの確立でうつ状態を改善させることができます。

効果

笑顔

抗うつ病は、心が落ち込んでしまっている人の心の強さを取り戻すための薬ではなく、「脳内の神経伝達系」に働きかけ脳内の機能を調整する薬です。

うつ病は神経生理学的にバランスを崩した脳内に原因があるので、それを元の状態に戻していきます。

飲み始めはなかなか効果が出ませんが1~2週間飲み続けていくうちに効果が出てきて、症状が改善されていきます。

しかし、効果が出たからといって辞めてしまうとまた症状が現れ同じことの繰り返しになってしまいます。

なので、最低でも半年~1年間は服用を続ける必要があります。

副作用

先生

抗うつ薬に依存性はありません。

副作用は下記の症状があげられます。

  • 口渇
  • 便秘・排尿障害
  • 眠気
  • 頭痛
  • 胃腸障害
  • 性機能障害

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ